門司港の景色

keshiki.exblog.jp
ブログトップ

タグ:JAZZ ( 6 ) タグの人気記事


2007年 03月 25日

レトロにも春が来ました。

いつ以来でしょうか?
久しぶりの『日曜の景色』です。

雲行きが心配される中、門司港レトロの春の訪れを告げる『レトロフリーマーケット』が開催されました。
c0063423_18121021.jpg

古着や食器などのリサイクル品のほか、花の苗など春らしいものも売られていました。

マリンゲート門司の前の花壇には、菜の花が満開。ここにも春の到来です。
c0063423_18191387.jpg

花の黄色、建物のアースカラー、それに空の青。
春らしい、美しい色合いです。

んで~、旧JR本社ビルでは先日お伝えした『ミニ・コンサート』。
白石さんと吉岡さんの演奏もさることながら、高い天井は素晴らしい音響効果です。
c0063423_18264266.jpg

コンサートの模様は、 レトロ横丁さん でも詳しく紹介されています。
[PR]

by mojiko_kesiki | 2007-03-25 18:29
2006年 08月 31日

耳を澄ませば、・・・

夏休み最終日の今日も、・・・雨。
今日の景色は何にしようか?と、静かな昼時の門司港駅で気付いたのが、JAZZの音色。
音源は、ここ↓
c0063423_20505187.jpg

これは、『門司港をJAZZのまちに』という取り組みに賛同された門司港駅さんが行っていることだと思います。
以前も『終着駅 門司港』をご紹介しましたが、一日中ホームにJAZZが流れている駅は、日本でここだけではないでしょうか?

また、駅長さんに尋ねてみよ~っと!!!
[PR]

by mojiko_kesiki | 2006-08-31 20:53
2006年 07月 07日

七夕JAZZ~恋人たちへ捧ぐ音(ジャズ)~

c0063423_22145476.jpg

今日のタイトル、凝っているでしょう。
門司港レトロ展望室での、S&PユニットのJAZZライブです。

今日は七夕。
“天の川”を期待していたのですが、あいにくの曇り。
しかし、ここは地上100m。『天空茶屋』です。
ほら、バックに“天の川”ならぬかつての東洋一のつり橋“関門橋”が見えるでしょう。
対岸の下関の夜景もキラキラ。
ほぼ満席(・・・といっても、30席くらいですが、・・・)のお客さんは、演奏と見下ろす“天の川”に満足そうでした。
[PR]

by mojiko_kesiki | 2006-07-07 22:34
2006年 05月 26日

天空JAZZ

c0063423_22311914.jpg
昨夜の三味から、今日はJAZZ。
それも31階の『レトロ展望室』で、白石さんのサックスと吉岡さんのピアノ。

天気がよければ、『雄大な関門海峡とその向こうの日本海に沈む夕陽をバックに』という書き出しを考えていたのですが、生憎の雨模様。
ではと、セピアで撮影しました。

次第に暗闇に包まれていくレトロと海峡の景色を楽しみながら、スタンダードナンバーを2ステージ。


c0063423_2355178.jpg

終演後、ある雑誌用の写真撮影がありました。
アングルを変えてみると、これがビックリ!!!
なんと、こんな雨の夜でも、「関門橋」の電飾がしっかり見えるではありませんか!!!
そこで、浮かんだアイデアが『七夕JAZZ』
7月7日は梅雨末期で雨の日が多い。
しか~し、ここからは海峡を行き交う船の灯りや関門橋の電飾、自動車の灯りがバッチリ。
『天空』からは下界の灯りを天の川に見立てて、『七夕』を楽しもう!!!
当然、プレイヤーの立ち位置は関門橋側の角。
これで、どんな天候でも『天の川』をバックに『天空 天の川JAZZ』を楽しめます。

いかがでしょうか?観光協会様
[PR]

by mojiko_kesiki | 2006-05-26 22:48
2006年 05月 13日

門司港JAZZ 第二弾

c0063423_21341847.jpg

昨日は休養を十分とったので、今日は大忙し!
朝早くから大阪へ出かけ、同窓会。
ビール飲んで、焼酎飲んで、とんぼ返り。
夜は、門司港地ビール工房でJAZZライヴ。
新幹線の中でも、ずっとジャズを聴いていたけれど、やっぱりライヴはいい!
あいにくの空模様で、夕日をバックの演奏とはならなかったけれど、対岸下関の夜景と行き交う船が醸し出す演出。

Feel Jazz~門司港レトロをジャズの街へ~
次回は、5月26日(金)にレトロ展望室で開催されます。
詳しくは、北九州市観光協会 093(321)4151
[PR]

by mojiko_kesiki | 2006-05-13 21:34
2006年 04月 22日

♪♪♪祝!「JAZZの街 門司港」誕生日♪♪♪

c0063423_213913.jpg

いよいよ、『JAZZの街 門司港』が産声を上げました。
その第一弾『ダンスとライブの夕べ』が海峡ダイニングで開催されました。
ライブ演奏は、「ニュースカイラークジャズオーケストラ
知る人ぞ知る北九州の大御所ジャズバンド。
なんと言っても、メンバー8人の合計年齢が520歳!!!
最年長は、昭和元年生まれ!!!
c0063423_21392190.jpg

曲と曲の間は、全員(特にサックス)の呼吸を整えるために、“若手”川東さんの絶妙トーク。
そして、客席からは次々にダンス。
皆さんがたのしい一時を過ごされました。
でも、なんと言っても1部、2部各1時間、計2時間の演奏にもかかわらず
ラストの『りんご追分』まで、「ニュースカイラークオーケストラ」のメンバーの皆さんが、
楽しそうに生き生きと演奏されている姿が印象的でした。

次回予告】~夕陽をバックに、最高のライブを期待します!!!~
5月13日(土)19時から 門司港地ビール工房にて 
[PR]

by mojiko_kesiki | 2006-04-22 21:39