門司港の景色

keshiki.exblog.jp
ブログトップ

タグ:歴史 ( 10 ) タグの人気記事


2007年 01月 21日

祝!!! ♪ おいら、岬の~ ♪ “135歳”

今日は、明日で135歳を迎える 部埼(へさき)灯台 の一般公開がありました。⇒ 関連記事

入り口から続く階段を何度か折り返して、脈拍が高まってきた頃頂上へ到着。
フーッと一息ついて、受付でペーパークラフトとカレンダーをいただきました。
c0063423_1342181.jpg

日頃は殺風景なこの建物は、万国旗に彩られ、
また写真では分かりませんが関門海峡に因んだ曲などもBGMで流され、お客さんをお迎えの体制万全でした。
海側から見ると、こんな感じでした。
c0063423_1375630.jpg

てっぺんの風見鶏のアップ写真はこちら(
c0063423_17252332.jpg

などなど、建物の外を楽しんだ後、この貴重そうなプレート()のある扉から中に入ります。
c0063423_1354445.jpg

このプレートで疑問が一つ。“明治五年壬申正月二十二日初照”とありますが、
英語標記を訳すると“1872年 MARCH(3月) 初点灯”、・・・?なぜ、なぜ、なぜ?
などと思いながら、中に入ると、こんな急な階段。
c0063423_1362631.jpg

はっきり言って、梯子です。二段ベッドの梯子、そのものです。
両手を踏み板に添えて、上っていきます。
とても狭いです。皆さんが譲り合いながら、上下します。
その間、展望デッキに出て、左から右へぐるりと眺めました。
※写真を左クリックすると大きくなります。
c0063423_137280.jpg

天気がよければ、下関から、宇部、小野田はもちろんのこと、
遠くは国東半島まで見えるそうです。
そうこうしている内に、階段が空いてきたので、いざ3階へ。
おお~っ、これが噂の日本に一つしかないフランス製(1894年)のレンズです。
c0063423_1384360.jpg

これぞ“クリスタル~”っといった光を放っていました。
狭い空間で、カメラを完全に壁まで離し、ファインダーどころかモニターも見ずに、
シャッターを切りました。
お客さんが増えてきたので、またあの狭い階段を下りて、外へと出ました。
これ()は、灯台の横にある 部埼潮流信号所 です。
c0063423_1310848.jpg

さ~、ここで問題です。
???関門海峡の潮はどちら向きに流れているのでしょうか???

と、ここまで見学して、部埼灯台を後にしました。
ここまで来たのですから、僧清虚のお顔を拝んで思い、海岸べたに行きましたが、
あいにく潮が満ちており、降りることができなかったので、申し訳ありませんが、後ろからパチリ!
c0063423_13104964.jpg

[PR]

by mojiko_kesiki | 2007-01-21 13:08
2006年 10月 06日

ニジ☆ゴジ & 『穴』?

秋のお客さんが増えてきた門司港レトロに、突然テレビ中継車とクルーの一団が現れました。
c0063423_2016769.jpg

これは、福岡ローカル局の今日からの新番組『情報レシピ ニジ☆ゴジ』の中継でした。
『週末おでかけ中継』の栄えある第一回が『バナナフェアでにぎわう門司港レトロ』として中継されました。
(放送内容は ⇒ こちら から 放送日:10月6日 コーナー:週末おでかけ中継 を選択してください)
それにしても、渡辺徹さんは毎週福岡に来るということは、東京ではヒマなのでしょうか?
いやいや、いらんお節介でした。

その後、「今日はよく潮が引いているな~」などと思いながら歩いていて、見つけたのがこの『穴』です。(写真の赤い丸のところ)
c0063423_20271420.jpg

たぶんこれは、○○○の名残だと思います。
さて、何でしょうか?
[PR]

by mojiko_kesiki | 2006-10-06 20:23
2006年 07月 18日

ここどこ ? & これ何 ?

お久しぶりです。
休刊した土日に、那須高原(栃木県)に行きました。
二日とも、『梅雨空~』っといった感じの天気でした。
でもさすがに、車のナンバープレートは品川、多摩、千葉、大宮などなど人口3千万人の関東圏に近く、手ごろな観光地としてのパイの大きさに驚かされました。
在京の友人の話では、「東京の人は忙しいので、『○月○日に××に行く』と先にスケジュールを決めて、予約し、雨が降ろうが、風が吹こうが、必ず行く」そうです。
それに比べ、門司港レトロは、「手軽な観光地でよかったな~」とつくづく思いました。
c0063423_19555175.jpg

さておき、ここはどこで、この印は何でしょう?
[PR]

by mojiko_kesiki | 2006-07-18 20:51
2006年 07月 06日

ここどこ & お天気に恵まれて

c0063423_21274286.jpg

一つ目の『ここどこ?』です。
最近では、めったに目にしなくなった『土管』です。
クネクネクネと、上手に伸びています。

さて、「ここど~こだ?」

c0063423_21315347.jpg

昼時に、錦町で見かけたのが、この風景。
梅雨の晴れ間に恵まれ、このお客さんもラッキー!!!
なんか、いい風情でしょう?
[PR]

by mojiko_kesiki | 2006-07-06 21:29
2006年 07月 04日

ここどこ ver.?

c0063423_23512968.jpg

『帝銀』という境界標です。
昔『帝銀事件』というのがありましたが、ここは違うと思います。
でも『帝銀』なのです。
いろいろ調べても、分かりませんでした。

また、教えてくださ~い!

さて、「ここど~こだ?」
[PR]

by mojiko_kesiki | 2006-07-04 23:55
2006年 06月 27日

テルテル坊主さん、ありがとう!!!

昨日の祈りが通じたのか、今日は雨が降りませんでした。
『曇り&薄日』といった感じです。
子供たちは学校のプールに大喜び!
c0063423_19135895.jpg
イケメン人力車さんにも、ご婦人方が「よっこいしょっ」。
c0063423_19321637.jpg

といった天候の下、旧農林倉庫では何かのロケが行われていました。
ちょっとお邪魔して写したのが、この『景色』。
雑草の中の線路の切り替えレバー。
まだちゃんと動きました。
倉庫は、国民の主食『米』を如何に大切にしていたか、が偲ばれる重々しい造りです。
[PR]

by mojiko_kesiki | 2006-06-27 19:18
2006年 06月 14日

【御礼】小原さんのこと

c0063423_212362.jpg

一昨日の『景色』でお尋ねした『小原新平』さんについて、昨日から今日にかけて、U・Y子さん、S・E子さん、H・I子さん、seamoonさんから相次いでお答えがありました。
小原新平さんは、旧門司市の市議会議員(もしかしたら最後の議長?)をされた方で、『小原市場』を開設された実業家だそうです。
※詳しくは、『6月12日版 景色』右下のcomments(1)をクリックしてください。

それにしても、あんなに大きな鳥居を一人のお金で建立されたとは、すごいお金持ちですね。

皆さん、ありがとうございました。

この撮影のあと、大粒の雨となりました。
[PR]

by mojiko_kesiki | 2006-06-14 21:24
2006年 06月 12日

ウラからおしえて~!!!

c0063423_221480.jpg

梅雨だというのに、いい天気が続きます。
レトロ地区のお客さんは、半袖でさわやかな風を受けていました。

さて、上の写真は『文字ヶ関公園』近くにあるめかり神社の鳥居です。
大きな鳥居を裏から見ました。
ここを通るとき、いつも気になっていたのですが、右の脚には『昭和三三年四月吉日』と縦書きで書かれています。
左には、『小原新平建立』と書かれています。
インターネットで調べると、小原新平さんは門司の名士だったようですが、それ以上は分かりません。
栄町には、地名(栄町)に関係ないと思われる『小原市場』があります。
なにか関係あるのですか~?
[PR]

by mojiko_kesiki | 2006-06-12 22:08
2006年 05月 31日

ここどこ?(たぶん?)

c0063423_18585761.jpg

『大正海上』と刻まれた花崗岩(たぶん?)の石柱を見つけました。
上部には、『+』と彫られており、境界標なのでしょう。(たぶん?)
この『大正海上』とは、この石柱がいつ設置されたのか分かりませんが、この古さとかつて門司港が海運の拠点であり、三井物産も進出していたことから考えて、現在の『三井住友海上火災保険』の三井側の創設会社『大正海上火災保険』でしょう。(たぶん?)
詳しくは⇒こちら 

たぶん?の多い『景色』となりましたが、周辺にはそれらしき建物がありませんので、たぶん正解だと思います。

さて、ここど~こだ?
[PR]

by mojiko_kesiki | 2006-05-31 18:59
2006年 04月 25日

ここどこ ver.?

c0063423_228868.jpg本日、快晴也。而して、風強し。よって、汗をかくと寒し。
ということで、昼休みにネタ探し。
見つけました。
視力検査みたいですが、目をよ~く凝らしてみてください。
画像だけでなく、実は知らずに本物を見ても分かりにくいのですが、
「毎日新聞 西部本社 発祥之地」
「1922年11月印刷開始」
と刻まれた黒御影石です。

ここど~こだ!!!

※本日、飲み会につき、思考力乏しく、短い文章で御免。
[PR]

by mojiko_kesiki | 2006-04-25 22:08