門司港の景色

keshiki.exblog.jp
ブログトップ

タグ:朝 ( 5 ) タグの人気記事


2006年 04月 16日

春はあけぼの・・・

c0063423_7155990.jpg

「春は、あけぼの。やうやう白くなりゆく山ぎは、少し明りて、紫だちたる雲の、細くたなびきたる。」(枕草子)

昨夜の気象情報を見て、「朝景」を見ようと、朝4時半に起き、門司港に向かいました。
5時頃には、皿倉山から 企救山系 の山際はすでに「ようよう白く」なっていました。
さらに、小倉から東は薄雲が広がっていました。
5時半には門司港に着いたのですが、案の定、『曇り』。
雲の切れ目から、一瞬でも陽が射さないかと待っていましたが、・・・。
お天気まかせの「第1回 あけぼのプロジェクト」惨敗! 次回を、乞うご期待!!!
[PR]

by mojiko_kesiki | 2006-04-16 07:15
2006年 04月 11日

ハイマートに雲の傘

c0063423_1959095.jpg
決して、レンズが曇っているわけではありませんし、
わざと周囲をぼかしているわけでもありません。
(・・・というか、残念ながら私には、そんなテクニックありません。)

というように、今日は、雲がこんなに低い朝でした。
通勤途中の黒川あたりは、もっと低いような気がしました。
年に何度か、こんな朝がありますが、
マンション29階の窓からは、どんな景色が見えるのでしょうか?

一日中、こんな梅雨のような天気。
あ~っ、いやだ!!!いやだ!!!
春の晴がほしい!!!
[PR]

by mojiko_kesiki | 2006-04-11 19:59
2006年 04月 10日

門司高スタイル ♪♪祝~ご入学♪♪

c0063423_2032767.jpg

今朝の門司港駅です。
真新しい『肩掛け帆布カバン』。門司高校の新一年生です。(たぶん)
入学おめでとう!!!
最近は、中学校だけでなく高校でも、スポーツバック型の通学バッグが多い中、
まだシャキッと糊の効いたような堅い『肩掛け帆布カバン』は、
私たちの世代には何となく懐かしい思い出を呼び起こします。
(彼らも、中学生のときはバッグだったと思いますが、・・・。)
いいじゃないですか! これが、門司高校の伝統~門司高スタイル~なのでしょう!
このかばんを背負って3年間通った君らの先輩には、すごい人がいっぱいいるぞ!
3年後は、貴重な青春時代を門司港レトロで、シャキッと過ごしたことを自慢してください。

そして、30年後は私のような立派な  にならないように!
[PR]

by mojiko_kesiki | 2006-04-10 20:05
2006年 04月 06日

「朝景」はどうなんでしょうか?

最近、門司港の夕景や夕陽に凝っていることは、すでにご存知と思いますが、「朝景」はどうなんでしょうか?
と思い、今朝写したのがこの画像です。
c0063423_23413694.jpg

最近の日の出時刻は 6時前 なので、このアングルでは既に陽が高くなっていて、太陽までファインダーに納まりきりませんでした。
この時期、通勤者である私にとっては、門司港の日の出を見ることは至難の業です。


c0063423_2346112.jpg
以前、冬場(一昨年11月8時頃)に何度かチャレンジしたのですが、完全に逆光なのでこんな(右⇒)写真しか撮れませんでした。(しかも、レンズ性能が悪いため、横向きに光の筋が走っています)

どなたか、教えてくださ~い。
[PR]

by mojiko_kesiki | 2006-04-06 23:46
2006年 04月 02日

濃い朝霧に包まれて、・・・。

c0063423_1095945.jpg

まだ、濃い朝霧の中、早速見てきました。
幹線道路から一歩入った路地で、「これが梅の湯です」といわれなければ、通り過ぎてしまうような、周りの建物(木造長屋風)と溶け込んだ「梅の湯」です。
携帯カメラでは広角が収まらず、店先に貼られた店主のていねいな挨拶だけの「景色」となりました。
私は門司港で暮らしたことも、「梅の湯」に入りに行ったこともないのですが、・・・。

銭湯の想い出といえば、・・・
 小学校の頃、近くの銭湯に通ったこと。背中や腕に彫物をした人がいたこと。
 風呂上りの牛乳やヨーグルト(もちろん瓶入り)。※父親といったときの楽しみでした。
 あっ、そうそう。母と一緒に入った女湯で、小学校の臨時担任の先生と鉢合わせになったこともあったなぁ~。
 何かしらどきどきした「時間ですよ~」というテレビ番組もありました。
 そして学生時代(@福岡)には、一番湯の快感を覚え、一時期開店直後(15時過ぎ)に通ったこと。

いろんな想い出を呼び起こしてくれました。
70年間、ご苦労さまでした。ありがとうございました。
[PR]

by mojiko_kesiki | 2006-04-02 10:07