<   2008年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2008年 06月 29日

作る楽しさが伝わってくる「陶芸展」。

門司港での作品展も、今回で11回目を迎えるという「雲城山焼陶芸グループ展」。ただいま旧門司税関2Fギャラリーにおいて、7/3(木)まで開催されています。窯元の岡本雲山先生の指導のもと、陶芸教室で学ばれている20代から80代の生徒さんたちの感性あふれる作品、200点余りが展示してあります。世代も職業も異なったみなさんが、和やかに楽しみながら作られてる様子が伝わってくるようです。ぜひ一度足をお運びください。

会場は、この旧門司税関の2階ギャラリーです。
c0063423_12331789.jpg

岡本雲山先生の作品も展示されていました。
c0063423_12352849.jpg

会場には生徒さんたちの個性豊かな作品が並んでいます。
c0063423_12413218.jpg

c0063423_13132536.jpg

c0063423_13135715.jpg


[PR]

by mojiko_kesiki | 2008-06-29 13:16 | 門司港のイベント
2008年 06月 25日

「小さなクラフト展」開催中です。


昭和7年、門司港が華やかりしころに創業した「岡崎旅館」。文人・高浜虚子も、よく訪れたという老舗の料亭です。現在、宿泊は出来ませんが完全予約制でお客様をお迎えされているほか、定期的に料理教室を開催されているとの事です。そして、この静かな佇まいの一角にある落ち着いた雰囲気の和風喫茶「cafeおかざき」において、ただいま門司港アート村のアーティストたちによる「小さなクラフト展」が開催されています。本日はその模様をお届けしましょう。

歴史と伝統が感じられる門構え。
c0063423_2343133.jpg

正面玄関の右側に「cafeおかざき」があります。
c0063423_23463956.jpg

店内はゆったりとくつろげる空間になっています。
c0063423_2350386.jpg

c0063423_23511056.jpg

c0063423_2352445.jpg


c0063423_23534124.jpg

c0063423_23542754.jpg

c0063423_23552343.jpg

ご覧のように「彫刻」をはじめ、「和紙」「アクセサリー」「陶器」「ランプシェード」「木の器」など、個性あふれる作品が展示してあります。ゆっくりとした時間の中で、おいしい珈琲を飲みながら是非ご鑑賞ください。
尚、門司港アート村「小さなクラフト展」の開催期日は、今月6月28日(土)までです。
◉会場/料亭「岡崎」内の「cafeおかざき」
◉時間/11:00〜16:00 ◉定休日/日・祝日
◉電話/093−321−0319
◉駐車場あります。

<お知らせ>
日頃より門司港アート村を温かく見守って応援していただいている地域の皆様や、アートに関心をお持ちの方々へ、感謝の気持ちを込めて「門司港アート村七夕まつり」が開催されます。参加無料ですので、お気軽にお越し下さい。
◉日時/7月6日(日)12:00〜15:00
◉場所/門司港アート村(旧庄司小学校)*雨天の場合は室内
◉内容/「アート坂」案内板除幕式
    アートな七夕に短冊を飾ろう
    流しそうめんの振る舞い
    親子竹クラフト体験など楽しいイベントや抽選会もありますよ!
[PR]

by mojiko_kesiki | 2008-06-25 00:37 | 門司港のイベント
2008年 06月 15日

「多摩美術大学OB展」始まりました。

先日のブログでもお知らせしておりましたが、昨日(6/14)より旧門司税関ギャラリー(2階)において「多摩美術大学OB展」が始まりました。今回は5人の方が出展されていますが、本日はその作品の一部をご紹介しましょう。尚、作品展は6月22日(日)まで開催されていますので、門司港へお越しの際は是非ご覧になってください。

中野紀三郎さん(油彩)・1966年 油画科卒業
c0063423_12195532.jpg

廣末勝巳さん(アクリル画)・1964年 図案科卒業
c0063423_12224563.jpg

守屋任人さん(油彩)・1966年 油画科卒業
c0063423_1224249.jpg

大庭香代子さん(鍋島緞通)・1969年 デザイン科グラフィックデザイン卒業
c0063423_12262716.jpg

内村直生さん(ガラス・オブジェ)・1992年 立体デザイン科ガラスコース卒業
c0063423_1228684.jpg



<お知らせ>
門司港アート村では、現在9名のアーティストたちが創作活動をしておりますが、
来月7月6日(日)に「門司港アート村・七夕まつり」が開催されます。
いろいろな楽しいイベントも盛りだくさんです!
是非この機会に、関門海峡が一望出来る門司港アート村へお越し下さい。
[PR]

by mojiko_kesiki | 2008-06-15 12:54 | 門司港のイベント
2008年 06月 11日

アーティストの集う街「門司港」。

大学の先輩たちが、わが門司港で作品展を開催してくれる事になりました。美術評論家の米倉守先生のプロデュースによって、これまで東京「銀座・東邦アート」や福岡「県立美術館」などで開催されてきた「多摩美術大学OB展」ですが、今回は「画家達の消息、その消息は今・・・。」と題して旧門司税関ギャラリーにおいて今週の土曜日(6/14)から始まります。歴史的建造物という空間で展開される、個性的な作品から何かを感じ取っていただければ幸いです。この機会にぜひ門司港にお越しください。なお、展示は22日(日)までです。
c0063423_1443622.jpg

<出展者> 内村直生(ガラス造形)
      大庭香代子(鍋島緞通)
      中野紀三郎(油彩)
      廣末勝巳(アクリル画)
      守屋任人(油彩)

会場となる旧門司税関
c0063423_1528942.jpg


[PR]

by mojiko_kesiki | 2008-06-11 15:34 | 門司港のイベント
2008年 06月 10日

「ようこそ、栄町銀天街へ!」

門司港と釜山を結ぶ「MOJI LINE」のフェリー就航(6/21・土)まで二週間足らずとなりました。先月5/22・29の二回開催された、韓国からの観光客をお迎えするための接遇研修会には、地元の商店街からも多くの方が参加されていましたが、栄町銀天街には早くも「ようこそ門司港・栄町銀天街へ」という韓国語表示の垂れ幕が掲示されていました。

三番街側(以前山城屋デパートがあった方)の入り口
c0063423_23362331.jpg

四番街と五番街の間
c0063423_23383922.jpg


長い間途絶えていた国際航路が、いま門司港に復活します。
にぎわいづくりのチャンスと考え、前向きに取り組んでいきたいですね。
そして観光客の皆さんには、門司港の街の見所や食べ物と共に
門司港のホスピタリティーを感じてもらえたら嬉しいですね。
[PR]

by mojiko_kesiki | 2008-06-10 00:21 | 街かど探検
2008年 06月 07日

門司港の「なつかしの写真展」と「絵手紙展」始まる。

地域の皆さんと毎日新聞をつなぐ恒例の「移動支局」が、本日(6/7)毎日新聞西部本社発祥の地でもある門司港レトロ地区に設置されました。期間中(6/15まで)は、地域に密着した情報が発信されるとともに、数々のイベントが開催される予定です。早速今日は、旧大阪商船(1階海峡ロマンホール)で開かれている「生きた!恋した!涙した!なつかしの門司港写真展」と「関門レトロ絵手紙展」の模様をお届けしましょう。

写真展には毎日新聞社が所蔵する門司港の懐かしい写真が展示されています。
見ているうちに、当時の想い出が甦ってくるのではないでしょうか。
c0063423_16123564.jpg

「昭和25年7月、再開場した門司ゴルフ場」(昭和25年9月)
右上に当時のクラブハウスが見えています。
この角度からすると、現在の17番ホール辺りからのティーショットでしょうか!?
c0063423_16263822.jpg

「門司市和布刈の菊人形」(昭和33年11月)すごい人出です。
c0063423_16175399.jpg

「新しいアーケードが完成した栄町銀天街」(昭和47年6月)活気がありますね。
c0063423_1622683.jpg


同会場には入賞作品をはじめ、こころのこもった絵手紙が展示されています。
c0063423_16364520.jpg

c0063423_16375757.jpg

尚、この催しの展示会場と期間は下記の通りです。
◉前期:旧大阪商船/6月7日(土)〜12日(木)
◉後期:海峡ドラマシップ/6月14日(土)〜15日(日)
[PR]

by mojiko_kesiki | 2008-06-07 16:56 | 門司港のイベント