カテゴリ:街かど探検( 50 )


2007年 05月 29日

港町二番地にゲストハウスが誕生します。

旧日本船舶通信ビルは、1950年(昭和25年)に竣工された風格のある建物です。
今年の2月末までは、インテリア小物などを販売する「凛帆楼」がありましたが、
来月6月2日(土)に、マリーゴールド門司港迎賓館として生まれ変わるようです。
ブライダルをはじめ、ビジネスパーティ、同窓会などが楽しめるお洒落な空間が誕生します。
c0063423_23151230.jpg

夜はライトアップされていて、昼間とは違う表情を見せてくれています。
c0063423_23172923.jpg


先日も、旧料亭「三宜楼」がライトアップされたばかりですが、
このように歴史的建造物や由緒ある建物などがそのまま活かされる事は、
門司港の街としても自慢であり、魅力になると思います。
そのうち、ライトアップされた建造物などを巡る、「夜のおすすめ散策コース」もできるかもしれませんね!?楽しみです!
[PR]

by mojiko_kesiki | 2007-05-29 23:43 | 街かど探検
2007年 05月 19日

「門司港レトロ」の切手シートが発売されました!

今頃になって・・・遅すぎる!と言われそうですが
門司港レトロ地区の歴史的建造物などがデザインされた記念切手が、5月1日に発売されました。
切手には、国の重要文化財の旧門司三井倶楽部はじめ、旧大阪商船、旧門司税関などがデザインされており
一組(80円切手10枚:1シート)が、1200円で販売されています。
発行は3000部で、販売は7月31日までだそうですが
ご希望の方は、お早めに購入されたほうがよろしいかと思います。
c0063423_17263343.jpg

c0063423_17265520.jpg


個人的な意見で恐縮ですが・・・なにか事情があったのでしょう!?
この切手の中に、先日ご紹介した「訪ねる価値のある駅」の日本一に輝いた「門司港駅」や
栄町周辺の味わいのある「路地裏の風景」が入ってないのが残念です。
次回発行の際は、是非ご検討いただきたいですね。
[PR]

by mojiko_kesiki | 2007-05-19 17:39 | 街かど探検
2007年 05月 18日

どんな絵が出来上がったのかな?

今日、午後2時ごろに門司港レトロ室での会議が終わり、港ハウスを出てくると
先日ご紹介した「門司港大辞典」を製作した門司中学校の生徒さんたちが
なにやら賑やかに、思い思いのスタイルで、楽しそうに絵を描いていました。
残念ながら、2時半ごろに雨が降り出したので、最後まで描けなかったかもしれませんが
スケッチブックには、きっと門司港の素晴らしい風景が描かれていることでしょう!?
ちょっと見てみたいですね・・・
c0063423_1716651.jpg

c0063423_17163964.jpg


[PR]

by mojiko_kesiki | 2007-05-18 17:20 | 街かど探検
2007年 05月 16日

「門司港大辞典」とは!?

昨日ご紹介した門司港駅の構内には、0哩(ゼロマイル)の石碑。
広場には和布刈神事のモニュメントとともに、横山白虹の句碑などがありますが
そのような、門司港にある句碑や歌碑などを、今年(平成18年)3月に卒業した門司中学校の3年生が
総合学習の時間に製作しまとめたものがこの「門司港大辞典」です。
設置場所をはじめ、碑文、縁起、人物解説、作成日など詳しく掲載されています。
昔から、和布刈(めかり)を含め門司は、俳句の中に登場しているようです。
c0063423_11264764.jpg

c0063423_11272363.jpg

c0063423_1128178.jpg

c0063423_1128211.jpg


詳しくは、門司区役所まちづくり推進課(093−331−1881)まで、どうぞ。
[PR]

by mojiko_kesiki | 2007-05-16 11:28 | 街かど探検
2007年 05月 14日

門司港ホテルの化石たち

1998年(平成10年)3月にオープンした門司港ホテルは、
イタリアの建築家・故アルド・ロッシ氏が「鮫」のイメージで設計したアートなホテルです。
もうご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、
その門司港ホテルの石灰石でできた外壁(東西南北)では、
ご覧のような貝の化石をあちこちで発見する事ができますよ。
残念ながら、どんな種類の貝なのか?詳しいことは分かりませんが・・・
(ご存知の方は、ぜひ教えてください!)
レトロな街で化石探検!こんな、いつもと違う門司港の楽しみ方はいかがでしょうか!?
c0063423_23294867.jpg

c0063423_23304063.jpg

c0063423_2331638.jpg

c0063423_23313668.jpg


こんど門司港に来られた時は、是非ホテルを一周してみてください。
[PR]

by mojiko_kesiki | 2007-05-14 23:43 | 街かど探検
2007年 05月 13日

「母の日」の門司港では・・・

「母の日」の今日は、晴天に恵まれ過ごしやすく、
絶好のお出かけ日和となりました。
花壇には綺麗な花が咲き、芝生の広がる多目的広場では、
男の子が、まだ補助車の付いた自転車に乗って一生懸命走り回っていました。
お母さんと一緒に、自転車の練習だったのかな?
のんびり、ゆっくり、「母の日」の門司港の微笑ましいヒトコマでした。
c0063423_2250194.jpg

[PR]

by mojiko_kesiki | 2007-05-13 23:02 | 街かど探検
2007年 05月 12日

雨の似合う街「門司港」

今日は夕方から雨模様となりましたが、こんな雨の降る夜をロマンチックにしてくれるのが「ガス灯」です。海峡プラザに面した第一船溜まり沿いの遊歩道にはレトロな雰囲気を醸し出す「ガス灯」の灯りが灯されています。よーく見て頂くと「ガス灯」特有のほのぼのとした炎の揺れが感じられるはずです。なお、「ガス灯」点灯時間は日没から午前0時までだそうです。
c0063423_22505833.jpg

c0063423_22512387.jpg

c0063423_22514675.jpg


今日のタイトル、確か地元のバンドグループ「FLAPPERS」さんのオリジナル曲のタイトルにもなっていたと思いますが、
門司港は確かに雨も似合う素敵な街です。
[PR]

by mojiko_kesiki | 2007-05-12 23:05 | 街かど探検
2007年 05月 10日

門司郵船ビル(旧日本郵船門司支店)

昨日、門司港ブランド「アルテジオ」についてお話させていただきましたが
今日はそのショップの入っている門司郵船ビルについて、少しご紹介させていただきます。
この建物は、明治36年に門司支店を開設した日本郵船が、
昭和2年に建設した、門司における最初のアメリカ式オフィスビルだそうです。
こんにちでは、玄関ホールの中央が三角形に飛び出し、緑色のタイルの張られた窓枠の細い壁、
モザイクタイルの床、昇降(エレベーター)や事務所の入口などに当時の面影が残っています。
どうぞ、4階の「アルテジオ」ショップに行かれる時に、是非ご覧になってください。
そして4階へは、味わい深いレトロ調のエレベーターをご利用ください。
c0063423_17472598.jpg

c0063423_17475775.jpg

c0063423_17482313.jpg

c0063423_174855100.jpg

c0063423_17491921.jpg


なにかと不便な点もあるかもしれませんが、なかなか良い雰囲気ですよね!
一度はこんなオフィスで仕事をしてみたいと思いました。
[PR]

by mojiko_kesiki | 2007-05-10 17:55 | 街かど探検
2007年 05月 09日

門司港ブランド「アルテジオ」


門司港駅の正面に見える門司郵船ビルの入り口横のショーウィンドウに
門司港ブランド「アルテジオ」の商品が、本日よりディスプレイされています。
「アルテジオ」は門司港レトロの建築物が生まれた大正時代から昭和初期頃に脚光を浴びた
「アール・デコ」をコンセプトに誕生した門司港のオリジナルブランドで、
門司港アート村村長の川端孝則氏が中心となり
地元作家によるアクセサリー・陶磁器など、個性的で魅力的な商品が展開されています。
門司郵船ビルの4階にショールーム兼事務所がありますので
是非一度、手に取ってごらんください。
c0063423_22354578.jpg

c0063423_2236889.jpg

c0063423_22383520.jpg

c0063423_2239410.jpg

c0063423_22393115.jpg


尚、「アルテジオ」に関するお問い合わせは、有限会社ACM商会までどうぞ。
営業時間:10:00〜17:00  定休日:金・日・祝日(土曜日は営業)
TEL:093-322-5560
[PR]

by mojiko_kesiki | 2007-05-09 23:03 | 街かど探検
2007年 05月 08日

鎮西橋跡を示す新しいサイン、見つけました!

鎮西橋交叉点には、当時の鎮西橋の面影を示すものとして唯一「橋柱」が残されていますが、
その横に新しい案内サインが出来ていました。
大正11年の門司新市街図とともに、
当時の日本銀行門司支店などの洋館の写真も表示してあります。
当時の門司港の街を知って頂くには
大変分かりやすく、丁寧な案内サインではないでしょうか!?
c0063423_1841464.jpg

c0063423_1843893.jpg


また、この案内サインの後ろに見えているのが
いま静かな人気スポット?となっている「浜町のシャッター絵画」です。
詳しくは、レトロ横丁さんがご紹介されていますので
「浜町シャッター絵画通り」を、どうぞご覧ください。
[PR]

by mojiko_kesiki | 2007-05-08 18:18 | 街かど探検