2008年 06月 29日

作る楽しさが伝わってくる「陶芸展」。

門司港での作品展も、今回で11回目を迎えるという「雲城山焼陶芸グループ展」。ただいま旧門司税関2Fギャラリーにおいて、7/3(木)まで開催されています。窯元の岡本雲山先生の指導のもと、陶芸教室で学ばれている20代から80代の生徒さんたちの感性あふれる作品、200点余りが展示してあります。世代も職業も異なったみなさんが、和やかに楽しみながら作られてる様子が伝わってくるようです。ぜひ一度足をお運びください。

会場は、この旧門司税関の2階ギャラリーです。
c0063423_12331789.jpg

岡本雲山先生の作品も展示されていました。
c0063423_12352849.jpg

会場には生徒さんたちの個性豊かな作品が並んでいます。
c0063423_12413218.jpg

c0063423_13132536.jpg

c0063423_13135715.jpg


[PR]

by mojiko_kesiki | 2008-06-29 13:16 | 門司港のイベント


<< 栄町銀天街の七夕飾り      「小さなクラフト展」開催中です。 >>