門司港の景色

keshiki.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 11日

アーティストの集う街「門司港」。

大学の先輩たちが、わが門司港で作品展を開催してくれる事になりました。美術評論家の米倉守先生のプロデュースによって、これまで東京「銀座・東邦アート」や福岡「県立美術館」などで開催されてきた「多摩美術大学OB展」ですが、今回は「画家達の消息、その消息は今・・・。」と題して旧門司税関ギャラリーにおいて今週の土曜日(6/14)から始まります。歴史的建造物という空間で展開される、個性的な作品から何かを感じ取っていただければ幸いです。この機会にぜひ門司港にお越しください。なお、展示は22日(日)までです。
c0063423_1443622.jpg

<出展者> 内村直生(ガラス造形)
      大庭香代子(鍋島緞通)
      中野紀三郎(油彩)
      廣末勝巳(アクリル画)
      守屋任人(油彩)

会場となる旧門司税関
c0063423_1528942.jpg


[PR]

by mojiko_kesiki | 2008-06-11 15:34 | 門司港のイベント


<< 「多摩美術大学OB展」始まりました。      「ようこそ、栄町銀天街へ!」 >>