2008年 04月 05日

甲宗八幡宮「御神体拝観の儀」

晴天に恵まれた昨日4月4日(金)。光栄にも甲宗八幡宮の御鎮座1150年の大祭の祭典に参加させていただきました。そして、古来口伝により50年に一度の大祭のみ拝観が許されるという「御神体」も拝観させていただきました。多くの氏子の皆さんの心の拠り所として門司港の街と共に数々の歴史を刻んで来た甲宗八幡宮、その歴史の重みを感じずには居られませんでした。

甲宗八幡宮周辺は、きれいに整備されていました。
祭典は午後2時より始まりました。
c0063423_18134386.jpg

なお、祭典の様子などは撮影禁止だったので、お見せできませんが、
頂戴いたしました記念品はご覧の通りです。
c0063423_18201415.jpg


記念紙には御由緒のほか、歴史年表や甲宗八幡宮にまつわる古文書などについての詳しい内容が記載されています。
[PR]

by mojiko_kesiki | 2008-04-05 18:37 | 門司港のイベント


<< 門司港アート村の桜。      門司港を見守り続けてきた「甲宗... >>