2008年 03月 27日

石森秀三氏の講演会

昨日3月26日(水)18:00より門司港ホテルにおいて、北海道大学観光学高等研究センター長(教授)であり同大学大学院観光創造専攻長(教授)の石森秀三氏をお招きして講演会が開催されました。門司港レトロ倶楽部主催で、テーマは「観光は門司港レトロ地区の未来を拓くか? ー観光立国時代の地域づくりー」。1時間半という限られた時間ではありましたが、これからのまちづくりに必要なヒントも多く、とても分かりやすく明快で、興味深い内容でした。
c0063423_2213847.jpg

自分たちの住んでいる門司港を、より上質の街にしていこうと努力している姿、そして誇りを持って生き生きと生活している姿そのものが、観光資源のひとつになるのだという事を再認識しました。そして今後も門司港の街の輝きを保っていく為には、自分自身をもっともっと磨かねばならないという事を痛感した次第です。
[PR]

by mojiko_kesiki | 2008-03-27 22:58 | 門司港のイベント


<< 門司港を見守り続けてきた「甲宗...      「北九州デジタルクリエーターコ... >>