2008年 02月 13日

雪化粧の門司港

この時期、門司港でも雪の降る日はあるのですが、今日はいつもと違い結構降っていました。束の間ではありましたが「雪化粧の門司港」の様子をお届けしましょう。おそらくお昼過ぎには雪も止み、積もった雪も解けてしまうと思いますので、観光客の皆様にとっては、歩き辛く滑りやすい状況になっています。どうぞお足元に気をつけて観光、お買い物をお楽しみください。

門司港駅前の細い木の枝にも雪が積もっていました。
c0063423_1157739.jpg

旧門司税関横の親水広場。
ただいま開催中の「ふぐと灯りとひなまつり」のフラッグが、寒そうに揺れていました。
c0063423_1232714.jpg

屋外ステージの設置工事が進められている多目的広場。
いつもは、芝生のうえで子供達が遊んでいる姿が見られるのですが
今日は雪だるま(右下に小さく写っています)が作られていました。
この時だけ、少し青空が見えていました。
c0063423_1291361.jpg

そして、清滝の山の手にある料亭「ひろせ」周辺は、すっかり雪国になっていました。
c0063423_12152974.jpg

雪が凍結している所も多いようです。どうぞ、お出かけの際はお気をつけください!
[PR]

by mojiko_kesiki | 2008-02-13 12:36 | 今日の出来事


<< 海峡プラザの「ふぐ鍋」振る舞い      「門司港はしご酒大会」に参加し... >>