2008年 02月 03日

「ふぐひれ酒」はいかがですか?

「ふぐと灯りとひなまつり」のメイン会場となっている旧大阪商船の1階特設会場では、門司港アート村の岩崎良太さん制作の、迫力の巨大ふぐランタンやふぐ神輿など、ふぐをイメージした灯りや明治期のひな飾りなどが皆様を温かくお迎えしています。3月23日(日)までの期間中に、是非門司港へお越しいただきご覧になってください。また日曜日の今日は、午前11時より会場内の屋台で先着100名の方に「ふぐひれ酒」が振る舞われ、ひれ酒のおいしそうな香りが会場内に広がっていました。
c0063423_19193372.jpg

c0063423_19201371.jpg

c0063423_1921581.jpg

c0063423_19214254.jpg

「ふぐひれ酒」は、フェア期間中(3/23まで)の毎日曜日・祝日に振る舞われます。
各回午前11時より先着100名様<無料>ですので、是非味わってみてください。
但し、お車の方はご遠慮くださいね!
c0063423_19293977.jpg


[PR]

by mojiko_kesiki | 2008-02-03 19:38 | ふぐと灯りとひなまつり


<< 「門司港はしご酒大会」に参加し...      門司港名物「ふぐ鍋」振る舞い! >>