2007年 11月 01日

またひとつ歴史的建造物が姿を消そうとしています。

早いもので、もう11月。今年もあと二ヶ月なんですね・・・。

さて、門司港で旧料亭「三宜楼」の保存運動が進められている事は皆さんご存知だと思いますが、
桜トンネル手前の長谷口交差点近くにも、かつて料亭だった「芳翠園」がありました。
おそらく門司港が貿易港として栄えていた頃が、
「三宜楼」やその他多くの料亭と共に全盛期だったのではないでしょうか。
そんな往年の繁栄を象徴する存在として
歴史的にも価値をもった木造建築物である「芳翠園」ですが
残念ながら、今まさに解体作業が進められています。
c0063423_15473469.jpg

c0063423_1548193.jpg


[PR]

by mojiko_kesiki | 2007-11-01 15:57 | 街かど探検


<< 鮮やかな群青色に感動しました。      トークセッション2007「風土... >>