2007年 09月 11日

「九州デザインシャレット」の初日

8月31日のブログでもお知らせしておりましたが、「九州デザインシャレット」が昨日(9/10)から始まりました。初日の昨日は現地見学会等を済ませた後、17:30から旧大阪商船1階の海峡ロマンホールにて、地元の方を交えて現地調査のまとめ(意見交換会)が行われました。レトロ地区から和布刈地区までの拡大地図を前にして、この地域の良い所、悪い所など学生さんたちの新鮮な目で見た鋭い!?意見が飛び交っていました。約1時間という短い時間でしたが、若い感性で何か掴みとってくれたのではないでしょうか!?今回は第二船溜まり周辺を中心とした、水辺とまちの姿が提案されるとの事。どんな「門司港ぐらし」が発表されるのか!?学生さんならではの、斬新なアイデアを期待したいですね。
c0063423_1742022.jpg

c0063423_17423012.jpg

c0063423_17431387.jpg


この門司港について考えた成果が、グループ毎に発表される「これからの門司港を考える」には是非ご参加ください。
日時/平成19年9月17日(月・祝) 午後1時〜
会場/門司生涯学習センター
定員/300人(予約不要・参加無料)

*なお、17日までの期間中、シャレットに参加されている学生さんや関係者の方々(名札を付けています)を
お店や街で見かけると思いますが、その際は「温かいおもてなし」宜しくお願い致します。
[PR]

by mojiko_kesiki | 2007-09-11 17:56 | 門司港のイベント


<< いよいよ明日から「バナナフェア...      ノーフォーク広場からの眺め。 >>