2007年 07月 07日

商店街の「七夕飾り」

昨日、九州北部は大雨洪水警報が発令されていましたが、皆さんの地域では被害はありませんでしたか。
大雨の峠は越えたようですが、引き続き土砂災害などにはご注意ください。

さて、今日は7月7日の「七夕」です。
門司港レトロ地区から一番近い商店街「栄町銀天街」では、
地元の幼稚園や保育園の園児たちがこころを込めて作った「七夕飾り」11点が展示してあります。
短冊には、夢のある可愛い願い事がたくさん書かれています。
浴衣でも着て路地裏散策を楽しみながら、ゆっくりとご覧になってはいかがでしょうか。
c0063423_22414876.jpg

c0063423_22422426.jpg



また、本日は栄町銀天街に隣接する門司生涯学習センターにおいて
日本沿岸域学会全国大会(門司港)公開シンポジウム(第20回)
「沿岸域開発への期待in門司港」が開催されました。
c0063423_2251215.jpg

「門司港レトロの創造」と題して、前北九州市長の末吉興一氏の基調講演があり、
その後パネルディスカッションが行われ、
門司港レトロ倶楽部からは企画委員長の城水さんがパネラーとして参加されました。
レトロの街「門司港」の、過去・現在・未来について熱いメッセージが伝えられました。
[PR]

by mojiko_kesiki | 2007-07-07 23:15 | 街かど探検


<< 門司港レトロのお楽しみビア・ガ...      梅雨の合間の幸せなシーン。 >>