2007年 01月 21日

祝!!! ♪ おいら、岬の~ ♪ “135歳”

今日は、明日で135歳を迎える 部埼(へさき)灯台 の一般公開がありました。⇒ 関連記事

入り口から続く階段を何度か折り返して、脈拍が高まってきた頃頂上へ到着。
フーッと一息ついて、受付でペーパークラフトとカレンダーをいただきました。
c0063423_1342181.jpg

日頃は殺風景なこの建物は、万国旗に彩られ、
また写真では分かりませんが関門海峡に因んだ曲などもBGMで流され、お客さんをお迎えの体制万全でした。
海側から見ると、こんな感じでした。
c0063423_1375630.jpg

てっぺんの風見鶏のアップ写真はこちら(
c0063423_17252332.jpg

などなど、建物の外を楽しんだ後、この貴重そうなプレート()のある扉から中に入ります。
c0063423_1354445.jpg

このプレートで疑問が一つ。“明治五年壬申正月二十二日初照”とありますが、
英語標記を訳すると“1872年 MARCH(3月) 初点灯”、・・・?なぜ、なぜ、なぜ?
などと思いながら、中に入ると、こんな急な階段。
c0063423_1362631.jpg

はっきり言って、梯子です。二段ベッドの梯子、そのものです。
両手を踏み板に添えて、上っていきます。
とても狭いです。皆さんが譲り合いながら、上下します。
その間、展望デッキに出て、左から右へぐるりと眺めました。
※写真を左クリックすると大きくなります。
c0063423_137280.jpg

天気がよければ、下関から、宇部、小野田はもちろんのこと、
遠くは国東半島まで見えるそうです。
そうこうしている内に、階段が空いてきたので、いざ3階へ。
おお~っ、これが噂の日本に一つしかないフランス製(1894年)のレンズです。
c0063423_1384360.jpg

これぞ“クリスタル~”っといった光を放っていました。
狭い空間で、カメラを完全に壁まで離し、ファインダーどころかモニターも見ずに、
シャッターを切りました。
お客さんが増えてきたので、またあの狭い階段を下りて、外へと出ました。
これ()は、灯台の横にある 部埼潮流信号所 です。
c0063423_1310848.jpg

さ~、ここで問題です。
???関門海峡の潮はどちら向きに流れているのでしょうか???

と、ここまで見学して、部埼灯台を後にしました。
ここまで来たのですから、僧清虚のお顔を拝んで思い、海岸べたに行きましたが、
あいにく潮が満ちており、降りることができなかったので、申し訳ありませんが、後ろからパチリ!
c0063423_13104964.jpg

[PR]

by mojiko_kesiki | 2007-01-21 13:08


<< 記憶の伝承      熱いシンポジウム in 暖かいレトロ >>