2010年 03月 12日

これが噂の「タコ型滑り台」です!

いよいよ明日(3/13)から運行が再開される観光トロッコ列車「潮風号」。先日のブログでもご紹介させていただきましたが、終点の「関門海峡めかり駅」周辺には、この日に合わせて新たな観光スポット「めかり潮風広場」・休憩所「かんもん号」・「めかり潮風市場」がオープンします。昨日(3/11)は地元の幼稚園、保育園の園児たちを招いてプレスプレビューが実施されましたが、園児のみなさんの一番人気は、めかり潮風広場の真ん中にある日本最大級の「タコ型滑り台」。いまにも動き出しそうなタコの滑り台では、園児たちが大〜きな歓声を上げ、元気に走り回っていました。どうぞ、この週末はご家族連れで「めかり」へお出掛け下さい!そして是非一度このタコの滑り心地を体感してみてください。
c0063423_1372963.jpg

c0063423_1393195.jpg

c0063423_1342178.jpg

c0063423_13423379.jpg

この1本のタコの足、実は水飲み場なのです。
c0063423_13443175.jpg


これから春を迎え暖かくなります。
今も変わらぬ関門海峡の素晴らしい景観・自然・歴史とともに
新しい「めかり」も味わってみてください。
[PR]

by mojiko_kesiki | 2010-03-12 13:54 | 街かど探検


<< 「門司港アートクラフト展」開催中!      めかり地区に新たな観光スポット... >>