門司港の景色

keshiki.exblog.jp
ブログトップ
2009年 11月 06日

企画展「日本美術の女神たち」始まりました。

門司港では11/3(火・祝)まで「みなと回廊展」が開催され多くの皆さんにご来場いただき、好評のうちに終了したばかりですが、出光美術館(門司)では今日(11/6)から企画展「日本美術の女神たち」が始まりました。今回のコレクションでは、日本美術がとらえ続けてきた女性の姿を中世の仏画から、江戸時代の風俗画や浮世絵、近代の絵画、さらには女性をかたどった焼物などを通して分かりやすく展示してあります。どうぞこの機会に、作者の個性や時代によって変化している女性の美しさ「永遠の女性美」をお楽しみください。

開会式では出光昭介館長はじめ、
北橋北九州市長の挨拶の後、テープカットが行われました。
c0063423_14423931.jpg

c0063423_1442575.jpg

入り口正面に展示してある「天のうづめの命」小林放菴筆(昭和26年)
岩戸に籠った天照大神(あまてらすおおみかみ)のために
舞を披露した女神が描かれていますが、
なんとも心やすらぐ、そのふくよかな笑顔のモデルは、
女優の笠置シズ子さんだそうです。
ご存じない方もいらっしゃるかもしれませんが・・・?
c0063423_14551056.jpg

c0063423_14575021.jpg

c0063423_14582976.jpg



企画展「日本美術の女神たち」
◉期間/平成21年11月6日(金)〜12月20日(日) 10:00〜17:00
◉会場/出光美術館(門司) ☎093−332−0251
◉料金/一般600円、高大生400円、中学生以下無料(保護者同伴)
    
[PR]

by mojiko_kesiki | 2009-11-06 15:19 | 門司港のイベント


<< 土曜の夜は船上コンサートをお楽...      「レトロの街の映画資料館」本日... >>