2009年 05月 13日

鎮西橋公園のモニュメント。

門司港レトロ地区と栄町商店街との回遊性を高める環境づくりをコンセプトに、再整備が進められている鎮西橋公園。歴史を伝えてくれる鎮西橋の欄干部分などの展示をはじめ、桜の木などが植えられて市民の憩いの場として、また門司港レトロの玄関口として、来年(平成22年)の春、生まれ変わる予定です。そして今日、エントランスサインとして考えられている「MOJIKO」という英文字モニュメントのサイズの検討会が現地で行われました。安全面等まだまだ検討しなければいけない点が多いのですが、取りあえず高さについては80センチが適当ではないか、という事になりました。

トロッコ列車の出光美術館駅横の踏切から見た現在の鎮西橋公園。
この時は、文字の高さが100センチ(1m)でした。
c0063423_1651078.jpg

この後、80センチの高さに貼り変えて検討。
c0063423_16544686.jpg

門司港レトロ地区へ向かう車からはこのように見えてくるのですが
手前のフェンスが邪魔するので、この部分を変更できないか、検討してもらう事になりました。
c0063423_1711461.jpg


地元の皆さんの意見・要望が反映された、この整備計画。
リニューアル後は、周辺の歴史的な情報やレトロ地区・商店街地区の
さまざまな情報発信の場として活躍してくれそうです!?


[PR]

by mojiko_kesiki | 2009-05-13 17:32 | 街かど探検


<< 第66回「門司みなと祭」      みんなのアートフェスティバル! >>