2009年 01月 25日

今年も「ふぐと灯りとひなまつり」始まります。

強い寒気が流れ込み、昨日から今日にかけて門司港でも断続的に雪が降り続き、この冬一番の冷え込みとなりました。この冬型の気圧配置はまだ続くようなので、お出かけの際は凍結によるスリップなどに充分お気をつけください。
さて、この時期毎年開催されている門司港レトロ「ふぐと灯りとひなまつり」が今年も2月7日(土)から始まります。期間中は、オープニング・プレイベントとして「小ふぐ鍋」の販売をはじめ、恒例の「ふぐフェア」、そして今年初めて企画された2/8(日)の「ふぐ祭り」などフグに関する多彩なイベントのほか、沢山のひな飾りが各施設や栄町銀天街で華やかに飾られます。幻想的に街を彩るイルミネーションの中、関門名物の美味しい「ふぐ料理」と共に、時代によって表情の違う「ひな飾り」をどうぞご堪能ください。

写真は昨年度の各会場の様子です。
<「ふぐと灯り」メイン会場の旧大阪商船>
c0063423_16251779.jpg

c0063423_16255526.jpg

<「ひなまつり」メイン会場の旧門司税関>
c0063423_16275581.jpg

c0063423_16282560.jpg

そして、今年第4回目を迎える「門司港はしご酒大会」が2月18日(水)に開催されます。
「夜の門司港」を活性化するために始められましたが
おかげさまで、毎年参加店舗も参加者も増えて、人気のイベントとなっています。
ただいま、そのチケットを好評販売中ですので是非ご参加ください。
前売券/2500円です。*数に限りがございますので、お早めにお買い求めください。
c0063423_16461654.jpg

*昨年の様子は、コチラをご覧ください。
お問い合わせは、門司港レトロ倶楽部までどうぞ。
☎093−332−0106
[PR]

by mojiko_kesiki | 2009-01-25 17:01 | ふぐと灯りとひなまつり


<< トロッコ列車の各駅の様子。      「高校生国際交流美術展」始まり... >>